保険会社からくる営業は不得意、と言う人にポータルサイト上で対比するのはピッタリです。まず気にしている保険会社の公式ウェブページを訪問しておきましょう。他にもまとめページを利用して各社の性格を把握する、或いはユーザ‐の書き込みを見るなども必須です。必要補償額に関してはできる限り綿密に見積もりてください。家族構成ですとか子どもの就学や結婚、自身の定年退職等、各々の区切り目において入り用となる入費はどのくらいなのか、その他に貯金がどの位要るのか、こういったライフスタイル設計をしっかり見つめなおすことが重要です。生保を使って積立できなくていいので、何より月々に発生する料率の金額を少しでも押さえていきたいという方には、掛け捨てタイプがマッチします。これに加えて、保険だけでなく、掛け金が安いことが注目されつつある共済等があります。